圧迫面接 対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

面接

圧迫面接 対策

圧迫面接とは、個人の主観にゆだねられ、圧迫するような質問をされる面接のこと。プレッシャーに弱い人も、筋道を立てて話す訓練などをして面接対策をしましょう。また、失敗例なども注意しましょう。

圧迫面接とは

圧迫面接とは、個人の主観にゆだねられ、圧迫するような質問をされる面接のことを言います。

この圧迫面接の内容の多くは、「結婚したらすぐに退職するんでしょ」「第一志望とか言っているけど、どうせ他の併願先にも行くんでしょ」「君は公務員に向いていないから、民間に行けばいいよ」などです。

プレッシャーに弱い方にとってはすさまじい圧迫になりますが、この質問を単なる質問だと思う方もいます。

この圧迫面接では、答えづらそうな質問をして、受験生の反応を見るという面接になります。

圧迫面接の必要性

圧迫面接は、窓口などで国民や住民が悪質な態度で来てもいかに冷静で無難な答えを出すことができるのかどうかを観ていることになるので、圧迫かよ…なんて思わずに冷静に受け答えをするようにしましょう。
面接はいつでも緊張してしまうものです。
最近の就職面接では、能力や資質があるのかなどが問われるようになりました。
就職面接だけでなく、エントリーシートにもこの能力や資質を問う内容があり、今まで大きな困難を乗り越えたことがあるのか、他人に負けないというものは何か、などの内容が増えてきています。
企業側は、この質問でビジネス能力があるかどうかを審査しています。

圧迫面接 対策

筋道を立てて話すというのは、就職面接の最も大事なことで、論理的に話すと就職面接の話術もアップするのです。
面接では、自分の意思を長々と話すのではなく簡潔にまとめて相手に理解してもらいやすい話し方をする必要があります。
就職面接では、まず結論から話してその後でその理由を説明するという話し方が最も相手に理解されやすいとされています。
ここで大事なのは、簡潔に筋道を立てて論理的に話すということです!順序よく筋道を立てて話すように練習をしましょう。

面接に多い失敗例

面接に多い失敗例は、「時間の勘違い」「道に迷う」などの面接をする前の失敗、「寝不足」「基本的な質問に答えることができない」などの準備不足、「一言多い」「ホンネが出てしまった」などの発言での失敗、「謙遜のしすぎ」などアピールでの失敗や、コミュニケーションの失敗などがあります。

ここで、転職面接失敗例を見ると意外とやってしまいがちなミスばかりです。

そこで、失敗しないためには、面接の前に、面接会場の下見や時間の確認・社長の名前や企業についての基本情報を知っておくこと・自己PRや志望動機などをしっかりいえるようにするなどを準備しておくようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存