まつ毛エクステンションの危険性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

eyelash

まつ毛エクステンションの危険性

まつ毛エクステンションの危険性やトラブルはグルーなどのかぶれが主な原因と言われています。口コミで人気のセルフでできるまつ毛エクステンションの危険性や手入れ必要な本数やクレンジングなどをまとめたマニュアルです。

まつ毛エクステンションの危険性

まつ毛エクステとは、自分のまつ毛に人工のアイラッシュを接着するものです。

これまではまつ毛エクステンションの施術を行うサロンなどで、「まつげエクステ技術者」や「アイリスト」「アイスタイリスト」などに施術してもらうのが一般的です。
つけまつげ違い自然に仕上がり、取り外しの必要もなく、クレンジングもできるため人気があります。

最近は3週間から1か月ごとの手入れやメンテナンスにかかる費用が本数によって差がありますが5000円から1万円程度かかるということもあり、自宅で自分でできるセルフキットが販売されてこちらも人気がありますが、自分で行うことで危険なこともあるようです。

まつ毛エクステのトラブル

まつ毛エクステとは、グルーと呼ばれる接着剤で自分のまつ毛にアイラッシュを接着するのですが、まつ毛エクステンションの流行に合わせて、消費生活センター等へ寄せられるトラブルは、まつ毛エクステンション用のグルーによるかぶれなどの健康被害多いです。
また、リムーバーなどでもかぶれや目の痛みを感じることもあるようです。

 市販されているキットなどでは、低刺激をうたったグルーやリムーバーがあります。また国産のものであることも安心できる条件の一つといえます。

口コミで広がっているまつ毛エクステ

口コミで広がっているまつ毛エクステのセルフキットを使用して起こるトラブルは他にもあります。

セルフで行うことで発生する危険性はアイラッシュをつまんで自分のまつ毛に装着する際に使用するピンセット(ツィーザー)で眼球や目の周りを突いてしまうという危険性です。
こればかりは、自分で注意をするしかないのですが、慣れてくると利き手と逆のまつ毛への装着もスムーズに行くようになるそうです。

セットによっては初心者向けのマニュアルやDVDがついているセットもあります。
それでも不安な場合はセルフで行うためのスクールなどを行っているサロンもあるそうなのでコツを習うのも一つの手です。

まつ毛エクステに必要な本数は?

サロンに行くよりも安くできるセルフエクステですが、選ぶ際には自分にあったアイラッシュをみつける必要があります。

なりたいイメージによってもエクステの種類が異なってきます。長さやカールの角度、太さ、色など選ぶポイントはたくさんあります。
たとえばJカール0.15mm×12mmと言われても、これが自分にあうの初心者ではかわからない方も多いと思います。

まつ毛エクステ自体が初めての方は、まずサロンでカウンセリングをして施術してもらって自分に合った長さやカールを選ぶ、そしてプロの技を盗むというのが手っ取り早いかもしれませんね。

まつ毛エクステンションをはじめるには

セルフまつ毛エクステには、一本一本を自分のまつ毛に装着してゆくタイプと、数本が束になっていてすでに根元にグルーがついている束タイプとあります。
短時間で装着できることもありこの束タイプも人気です。

束タイプは、セルフキットよりも安価で、1000円くらいで買えるのでまずはこちらからチャレンジしてみて、危険性やお手入れのしやすさなどを確認してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存