野々村元県議に懲役3年執行猶予4年の判決

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

政務活動費913万円をだまし取ったとして、詐欺と虚偽有印公文書作成・同行使の罪に問われた元兵庫県議の野々村竜太郎被告(49)に対し、神戸地裁(佐茂剛〈さもたけし〉裁判長)は6日、懲役3年執行猶予4年(求刑懲役3年)の判決を言い渡した。

■野々村竜太郎被告の歩み

2011年4月10日 兵庫県議選(西宮市選挙区)で初当選

2014年7月1日 政務活動費をめぐり、不自然な日帰り出張を重ねていたことが発覚。記者会見で号泣

     7月11日 議員辞職。県議会が告発

     7月12日 公式ブログで「非常に反省しています」

     7月18日 県警が自宅を家宅捜索

2015年1月19日 県警が詐欺容疑などで書類送検

     8月18日 神戸地検が詐欺罪などで在宅起訴

     11月24日 初公判で神戸地裁に出廷せず

2016年1月25日 神戸地検が身柄拘束

     1月26日 強制出廷の初公判で起訴内容否認。その後、「覚えていない」と繰り返す

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160706-00000052-asahi-soci

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存