作り置きの「塩豚」をアレンジ!大満足サラダのレシピ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

【料理家さんの定番レシピ】作り置きの「塩豚」をアレンジ!大満足サラダのレシピ

たっぷり作り置きできる!
「塩豚」レシピをご紹介

シンプルな材料と簡単な手順で人気の、料理家・フルタヨウコさんに教わる定番レシピの連載です。

テーマは、なす・豚肉・ネギという定番食材をつかった「作り置きレシピ」。下味がついているので、そのまま焼くだけなどシンプルな調理法でも美味しく、ほかの料理へのアレンジが幅広いのも魅力です。

前回に引き続き、「塩豚」のレシピをご紹介。常備菜の定番ですが、フルタさんならではのアレンジを教わりました!

「塩豚」の作り方

豚バラブロック…お好みの量
塩…豚肉の5%

水気をふいた豚肉に塩をすりこみ、クッキングペーパーで2重に包んでから、さらにラップでしっかり包んで冷蔵庫で保存する。半日ほど置いたら料理に使え、日持ちは1週間ほど。

塩豚をつかった「茹で塩豚サラダ」のレシピ

材料(2人分)

塩豚…200g
レタス…6枚
きゅうり…1本
トマト…1個

柚子胡椒…小さじ1
酢…小さじ1
オリーブオイル…大さじ1

<下準備>
・きゅうり(1本)とトマト(1個)を食べやすい大きさにカットする。
・柚子胡椒(小さじ1)、酢(小さじ1)、オリーブオイル(大さじ1)をよく混ぜ合わせておく。

作り方

[1]塩豚(200g)の水気をよくふきとって鍋にいれ、沸騰したお湯(分量外)をお肉がかぶるくらい入れる。

[2]1を弱火にかけ30分以上、アクを取りながら茹でる。火が通ったら火を止め、粗熱がとれるまでそのままにしておく。

[3]粗熱がとれた茹で塩豚を2mm厚にスライスする。

[4]洗って水気をよくきったレタス(6枚)をちぎってお皿に盛り、スライスしたきゅうりとトマトと茹で豚を盛り付け、合わせた調味料をまわしかける。

「塩豚はラップに包んだ状態で、冷蔵庫で1週間ほど保存できます。ドリップ(水分)が出てきたら、ラップを外しキッチンペーパーを取り替えて、もう一度しっかりとラップで包み直してください。

手順2までつくると、常備菜の「茹で塩豚」が出来上がります。写真のように茹で汁ごと保存容器に入れておけば、この状態で2〜3日保存することも可能です。

以前に茹で塩豚レシピをご紹介した時は塩が6%でしたが、今回はいろいろアレンジをきかせるので、塩分少なめの5%にしています。

茹で汁も旨味がたっぷりなので、野菜や卵を加えてスープにしたり、ごはんや麺類とあわせたり、余すところなく使ってくださいね。

茹で塩豚は塩気がしっかりあるので、盛り付けの柚子胡椒のドレッシングは、野菜に味付けするイメージでかけるといいでしょう」

http://hokuohkurashi.com/note/106426

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存