葬儀費用と相続財産

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

10835747374_0a7da2375d_o

葬儀費用と相続財産

葬儀費用の遺産相続について。全国平均や内訳とは。喪主になった場合の心構えなど風習・地域のしきたり、葬儀費用の内容や見積もり、生命保険・健康保険に加入している場合の遺産相続や相続税について

葬儀費用を負担するのは喪主だけというわけではありません。

地域や風習・慣習などで違いはありますが、一般的には相続対象者全員で負担するべきものとなっています。

通常の葬儀費用は相続財産から控除されますので、全ての領収書は残しておき、後日専門家を交え話し合うことが大切です。

葬儀費用の平均

葬儀費用の全国平均額はおよそ240万円。地域によって、風習・しきたり、葬儀の内容や会葬者の人数によってもかなり差があります。
病院提携の葬儀社のいいなりになってしまったという話はよく聞きます。生前に調べておく事は、決して不謹慎なことではありません。

葬儀費用の内訳

葬儀費用とはいったいいくらくらいかかるのか?不安に思われる方も多いようです。
たとえ、生前に準備をしていたとしても、故人が亡くなられてから、葬儀までの準備期間は非常に短時間です。
各葬儀会社は、各種プランが用意されており、それにそって見積もりをだすことができます。

葬儀費用と喪主

喪主として、受け取った香典や霊前は、一般的に葬儀を出す家庭の経済的負担を軽くするために贈られるものなので、課税対象からは除かれます
ただし社葬などの場合は一概にはいえません。
葬儀費用として負担するもの、お車代、台所方の出費、お布施などはきちんと区別できるよう、出費額を控えておく事が大切です。

葬儀費用と国民健康保険

国民健康保険に加入していた本人や扶養家族が死亡した場合は葬祭費、健康保険の場合は埋葬料が葬儀を行った人(喪主)に支給されます。

支給額は自治体によって異なり、だいたい1万円から7万円ほどになります。

各自治体の健康保険課へ届けることで支給されます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存