【独学でもいける!】電気主任技術者 難易度

電気主任技術者試験のための勉強法とは?

電気通信主任技術者は、電験という国家試験を受けて合格し、実務経験とともに申請をして経済産業省に認定される資格です。

高校卒業程度の学力ならば独学でも十分習得可能です。

電気通信国家試験センター | 電気通信主任技術者トップページ
(一財)日本データ通信協会 国家試験セン...

電気主任技術者試験

電気主任技術者試験」の名から電験(でんけん)と略称され経済産業省が認定する資格です。
電気事業法という法律で、たくさんの電気を作ったり、使ったりするような所の工事や点検をするには、電気主任技術者の保安監督の下で行なわなければなりません。

扱える電圧の違いから、第一種、第二種、第三種と分かれています。
電気主任技術者になるには、国家資格である電気主任技術者試験に合格しなければなりません。

一度取得すれば一生ものの資格なので、定年後にも活躍できる、非常に有効な資格といえるでしょう。

電気主任技術者過去問

電気主任技術者、電気工事士など、電気・設備系資格試験を受験するには、まず試験情報を把握して、勉強をしなくてはなりません。

まずは、電験3種合格のために、情報を集めましょう。
書店でもたくさんの問題集や参考書が販売されていますが、インターネットでもたくさんの過去問題やコミュニティサイトなどの役立つ情報があります。

電気主任技術者実務経験

実務経歴書は、勤務先の証明書が必要となります。
ただ、実務経験書の作成はわかりにくいそうで、実務経験の認定取得方法は各産業保安監督部へ案を提出し、内容を審査してもらい、不備などがあれば訂正をして、勤務先から証明をもらうという流れのようです。

電験3種では、工業高校電気科卒業後5年の実務経験で取得、専門学校・短大は3年、大学は1年です。
面接する係官は「実務経歴書・単線結線図」を読みながら「質問」をしてきます。
その質問に正確に、素早く返答できなければ、実務をこなしてきたとは認められない可能性があります。

電気主任技術者認定

認定校で所定の単位を取得後、実務経験を経て申請できます。

電気主任技術者免状交付には、免状交付に必要な書類をそろえ、収入印紙、戸籍の抄本又は住民票、返信用の封筒とともに経済産業大臣宛、最寄りの産業保安監督部、電力安全課へ提出しなくてななりません。

第1種電気主任技術者は、難関度が相当高くなりますが、業界からのニーズが非常に高い資格となりますので電気関係の仕事をされている方は、ぜひがんばって取得したい資格ですね。

電気主任技術者勉強法

認定校などで勉強する以外に、就職後に資格取得の勉強を始める人もたくさんいます。

電気主任技術者の国家試験と聞くと難しそうですが、高校卒業程度の学力があれば、独学での勉強でも十分合格の可能性があるそうです。

通信講座や実技の独学は厳しく感じますが、参考書類でも手順やポイントを丁寧に解説しているものも多く出ています。
最近は動画を収録したビデオやDVDもあります。
また専門学校やスクールなどでも、講師陣が日頃から試験合格のバックアップをしているところも多いです。

状況にあわせて講座を受講してぜひ資格を習得しましょう。

お役立ち情報
情報 マーケット