歯列矯正の種類別メリットとデメリット【費用や保険など】

歯列矯正とは

歯列矯正とは、いびつな形の歯並びや噛み合わせを、きれいな歯並びに治すという矯正歯科治療のことを言います。特殊な矯正装置を使い、悪い位置にある歯を少しずつ、自然に動かしていき、正しくきれいな歯の位置に戻すというものです。

歯列矯正の費用・料金や口コミ体験談。歯列矯正の医療費控除の仕組み、保険、最新ブログや日記などの紹介と、大阪、名古屋、京都、横浜、東京、大阪の芸能人にも人気のクリニック最新情報

歯列矯正の重要性

歯列矯正はとても重要な治療だと思います。 少し歯並びが悪い程度であれば日常生活には困らないと思います。しかし、ひどく歯並びが悪いと噛み合わせが悪くなります。また、歯軋りの原因にもなります。

歯列矯正のメリットとデメリット

歯列矯正の治療を行い、歯並びがきれいに整えば、外見の見栄えがいいということと、食べたものをしっかりと噛むことが出来るようになります。また発音や発声なども良くなるというのがメリットです。

歯列矯正は健康保険が適用されないというのがデメリットです。歯列矯正は歯並びの悪さを治すものです。法律的には、必ずしも治療が必要とは認められていません。もし治療する場合は、自由医療として、自己負担が必要になってしまいます。もし治療する場合は、自由医療として、自己負担が必要になってしまいます。

歯列矯正に有する期間

また、歯列矯正は永久歯列の場合、1年~3年の治療期間が必要となります。 治療の間はずっと、歯に矯正装置を嵌めて過ごすようになりますので、決して簡単に済むことではありません。

歯列矯正の費用

歯列矯正の治療を受ける場合、最低でも30万円や50万円程度の費用がかかります。ただしこれは医院や、治療方法、歯並びの具合などによって左右されます。抜歯・非抜歯・裏側・表側など施術方法や、ハーフリンガル・インビザライン・マウスピースなど治療方法も様々です。決して安い金額ではありません。逆に高額と言ってもいいでしょう。

歯の噛み合せについて

歯の噛み合わせが悪いことが原因で、顔の骨格まで歪んでしまうのです。さらに悪いことに、噛み合せが悪いと顔の骨格だけではなく、身体全体の骨格までもが歪んでしまいます。高齢の方の中で顔や身体が歪んで見える方のの多くは、若いときからの歯の歪みを放置してしまったという方に多いのです。

歯列矯正は早めに

歯列矯正の限界は60歳くらいといわれています。虫歯や抜歯をしたことがほとんどない、といわれる方でもこの年齢が限界です。今はまだ体や顔の歪みと言っても実感がわかないかもしれませんが、年齢を重ねていくうちに気になるどころかそれが苦痛に変わってきてからではもう遅いのです。 歯列矯正で早めの治療をおすすめいたします。

歯列矯正

歯列矯正の料金や写真、リテーナーや小児の歯列矯正、芸能人でも酒井彩名や長澤まさみなどの歯列矯正画像や値段、インプラントとの違いなどを紹介しますよ!

【歯列矯正】歯並び、お金のこと、期間やメリットデメリットなど・・矯正について話します!
大人ニキビにはオロナインが最強
大人ニキビにはオロナインが最強ニキビに悩まされている皆様。ニキビ治療薬はクレアラシル、プロアクティブ+、IHADAなどなどたくさんの種類がドラッグストアに並んでいますね。大人ニキビとはそもそもニキビとは、毛穴が詰まってアクネ菌が増殖すること